三東ルシアの膠原病の原因はストレス?離婚こそが病気の始まりだったのか?

1970年代にグラビアアイドルとして活躍した三東ルシアさん。

結婚、そして離婚を経験し、今では芸能界に復帰しています。

しかし、そこまでの道のりはあまりにも過酷で激しいものでした。

膠原病という病気を発表したのです!

現在でも、膠原病と闘病生活を送りながら芸能生活を続けている三東ルシアさんですが、彼女の病気の原因はなんだったのでしょうか?

今回は、三東ルシアさんが闘い続けている膠原病の概要、そしてその原因について注目してみました!

三東ルシアの膠原病ってどんな病気?

聞いたことがあるようで、あまりよく分からない人が多いのではないでしょうか?

膠原病とはどんな病気か??

簡単に説明すると・・・人間の体は外からのウィルスなどから守るために免疫力というのがあります。

免疫という言葉は知っている人が多いと思います。

免疫が体を守るわけですが、膠原病はその逆のことが起きます。

つまり、体を守るべき免疫力が逆に体を攻撃してしまうのです!!

攻撃を受けるのは臓器で、免疫から攻撃を受けた臓器は炎症を起こしてしまいます・・・。

そこから機能障害が起きて、最悪の場合は命をも奪ってしまうのです。

その病気こそが膠原病なのです。

 

もうちょっと書きますね。

膠原病には種類があるのですが、三東ルシアさんが患った膠原病は「全身性強皮症」というものでした。

字だけ読むと、全身の体の皮が強くなって良いようなイメージに聞こえるかもしれませんが、実際は恐ろしい病気です。

「全身性強皮症」という膠原病を患うと、皮膚やない棒が効果や萎縮を起こし、指が動かなかったりします。

『そんな病気、聞いたことないよ~』と思われた方が多いと思いますが、1,000人に一人が患うとも言われています。

その1,000人に該当してしまったの三東ルシアさんですが、彼女の悲劇はそれだけではなかったのです。

<スポンサーリンク>


 

三東ルシアの大腿骨骨折事件!

闘病を続けながらも、子供を育てるためにWワークしながら芸能活動を続けていた三東ルシアさん。

そのガッツは素晴らしいと言えますが、体への負担は予想以上に大きいものでした。

膠原病の薬を多用していた三東ルシアさんが飲んでいた数は、多い時で1日に20錠・・・。

薬で20錠ですよ!

それだけでもウンザリするレベルですが、それだけの薬ですから副作用もあったわけです。

 

その副作用と体への無理が重なって、2011年6月のステージで三東ルシアさんは転倒してしまいました。

そして大腿骨を骨折し、1年に3回も手術をして、7カ月もの間入院を余儀なくされたのです。

➡動画をご用意しましたが、気分を害する可能性がありますので、自己責任でご覧ください。

かなり痛々しい転び方です。

ステージ上ですから我慢したのでしょうが、それでも辛さが伝わってきますね。

 

離婚も経験し、経済的にも辛かった三東ルシアさん・・・。

当時の手術と入院は辛いものだったと語っていました。

 

三東ルシアの膠原病の原因は何なのか?

膠原病の原因には遺伝的な要因と、紫外線、感染、ストレスなどの要因が複雑に重なり合って起こると言われています。

そこで考えてしまうのが、芸能活動を行い、その後引退後にホステスとして子供を育て上げた!というストレスが原因ではないか??と思ってしまいますよね??

三東ルシアさんの人生を振り返ると、明らかに普通の人よりは苦労をされている感じが伝わってくるので、私もてっきりストレスが膠原病の原因なのでは??と思っていました。

 

ですが、違うようです・・・。

別に勘で言っているわけではありません。

これは三東ルシアさん自身の言葉です。

ご覧ください。

 

『膠原病だとわかったのは妊娠初期の検診です。妹がすでに膠原病を発症していて、「お姉ちゃんも調べたほうがいいよ」と言われたことがきっかけでした。この病気は遺伝性が高いのです。』

引用元:https://hc.nikkan-gendai.com/articles/231115

 

・・・遺伝だったんですね。

妹さんも膠原病を患っており、姉の三東ルシアさんも膠原病とは・・・遺伝のようです。

 

ということで、今回の本題!三東ルシアさんの膠原病の原因は遺伝ということはお分かりいただけたのではないでしょうか?

今でも闘病生活を続けながら芸能活動を行っている三東ルシアさん。

今は居酒屋をオープンしたようで、それは別記事で書かせていただきたいと思います(*^▽^*)

病気を患いながらも頑張って生き続ける三東ルシアさん・・・応援しています!

 

 

<スポンサーリンク>


関連記事

ページ上部へ戻る
error: Content is protected !!